受付時間

ひまわり鍼灸整骨院 048-554-2117

アクセス

根本改善

  • コロナ対策
  • google口コミ
  • エキテン

腰のヘルニア(腰椎間板ヘルニア)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院で腰のヘルニアと言われた
  • ヘルニアと言われたが放置している
  • 脚のシビレに悩んでいる
  • 一度良くなったが再発が心配だ
  • 適切なリハビリを受けた事がない

腰椎間板ヘルニアってなに?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨(腰椎)と背骨の間でクッションの役割をしている「椎間板」が、何らかの原因により損傷され、髄核という組織が外に飛び出すことで起こります。

この飛び出した髄核という組織が、神経を圧迫し炎症を起こすことで様々な症状が起こります。

一般的に「腰のヘルニア」の症状というと、「腰痛」を思い浮かべる方も大勢いますが、一番問題となる症状は、神経の圧迫によって生じる「臀部・下肢(脚)のシビレ」です。

脚のシビレが酷くなると、日常生活に多大な支障を生じます。

腰椎間板ヘルニアで悩んでいる方は・・・|行田市ひまわり鍼灸整骨院

過去に腰椎椎間板ヘルニアと病院等で診断を受け、薬や湿布で症状を緩和させながら何となく生活をしている方は大勢います。

当院にも、「軽い脚のシビレだから我慢していました」又は「いつもの事なので慣れています」とおっしゃる方がいます。しかし、これは大変危険です。

神経の炎症が悪化すると、シビレは酷くなり生活の質の低下を招きます。また、現在症状が酷く出ている方は、早期の対処が必要となります。リハビリも早期に行ったほうが当然効果的となります。

間違ったセルフケアを行っていませんか?

ヘルニアでお悩みの方に多いのが、「間違えたセルフケア」を行っている方が多い、ということです。腰椎椎間板ヘルニアは、腰を前屈するような姿勢、ストレッチは症状の悪化に繋がることがあります。下半身の柔軟性を高めることは重要ですが、「正しい姿勢・方法」で行うことが重要です。

猫背の治療法|行田市ひまわり鍼灸整骨院

行田市 ひまわり鍼灸整骨院では猫背の治療に対して以下のように治療します。

患者様のお身体の状態に合わせて、筋肉と骨格をまずは正しい状態に整えます。

その上で、再発予防のために、正しい筋肉と骨格の状態を脳に覚えさせていくことそして大事なことがその正しい状態を維持する筋肉(インナーマッスル)を同時に鍛えることです。

せっかく整え脳に覚えさせても維持する筋力がないと意味がないからです。当院では運動が苦手な方でも寝ながらでも効率よく筋肉(インナーマッスル)を鍛える機械(コアレ)を取り揃えています。更に、人の体は体内の状態を把握し食事改善を行うことで、根本的なところからもアプローチを行うのがトライアングル施術になります。

原因である構造のトラブル・痛みをゆがみ矯正やトリガーポイント鍼で整え、筋肉の状態を最適化し、歪みにくく身体に負担がかからない状態を作りながら筋肉(インナーマッスル)を鍛え栄養改善指導を行い適切な栄養を摂取することで身体を回復させて根本改善&再発予防&健康増進をおこないます。

つらい症状でお困りの方はぜひ行田市 ひまわり鍼灸整骨院へお越しください。

ひまわり鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒361-0032
埼玉県行田市佐間1丁目19番38号
アクセス
行田市立南小学校前

受付時間