行田市で不眠症の施術をお探しの方はひまわり鍼灸整骨院へ!交通事故治療無料!

受付時間

ひまわり鍼灸整骨院 048-554-2117

アクセス

根本改善

  • コロナ対策
  • google口コミ
  • エキテン

不眠症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 夜、布団に入ってから何時間たっても寝付けない。
  • 夜中に何度も目が覚める。
  • 眠りが浅く、実際の時間ほど寝たように感じられない。
  • 朝、予定していた時刻よりずっと早く目が覚める。
  • 睡眠不足のせいで昼間イライラしたり、集中できなくなっている。

どうして不眠症になるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

不眠症とは睡眠障害の1つで主に4つのタイプに分けることができます。

  1. ①床についても30分から1時間以上眠れない(入眠障害)、

  2. ②いったん眠りについても、翌朝起床するまで何度も目が覚める(中途覚醒)、

  3. ③希望する時間や通常起床している時間より2時間も早く起きてしまい、その後眠りにつけない(早朝覚醒)、

  4. ④眠りが浅く熟睡した感じにならない(熟眠障害)

の4つにわけることができます。

この中でも①入眠障害が発生頻度としては一番高くなります。

行田市・ひまわり鍼灸整骨院において、このような不眠症の原因は自律神経の乱れと考えています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。交感神経は活動神経とも呼ばれ、仕事中や運動中など身体が活動的な時に働きます。

副交感神経は休息神経とも呼ばれ、車で言うとブレーキの役割をし睡眠時や身体を休める時に働きます。

自律神経がうまく働くためには交感神経と副交感神経の2つのバランスが重要になっていきます。

睡眠時には副交感神経が優位に働くために質の良い睡眠となりますが、ストレスの多い現代社会ではどうしても交感神経が優位になってしまいます。

そのため睡眠時に副交感神経が優位になりたいのに、交感神経が優位になる、そのことが不眠症につながります。

不眠症を放っておくとどうなるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

不眠症にお悩みのあなたはすでに寝る前にストレッチをしたり、お風呂で身体を温めたり、ホットミルクを飲んでみたり。

もしかすると病院で処方してもらった睡眠導入薬などを飲んでいらっしゃるかもしれません。

実はこれらはいずれも『対症療法』と呼ばれ、あなたが眠れなくなってしまった根本的な原因にアプローチするものではありません。

表面的な問題への処置だけでは、今までやっていた方法を止めたとたん再発を繰り返すといった悪循環をいつまでも繰り返してしまいます。

お薬等を服用されている場合は依存体質になってしまう可能性があります。

当院の自律神経失調症の改善法|行田市ひまわり鍼灸整骨院

行田市・ひまわり鍼灸整骨院では自律神経失調症を改善するために、まず問診・検査を行います。

問診では、現在出ている不調について、いつ頃発生したのかなどはもちろんのこと、日常生活習慣、例えばお仕事の内容や状態・睡眠時間・食習慣・病歴などあなたの不調の原因を見つけるために、様々な角度から自律神経の乱れにつながる要因を丁寧に確認させていただきます。

また自律神経失調症の治療は、乱れてしまった交感神経と副交感神経のバランスを整えることで改善していきます。

基本的に現代のストレス社会では交感神経が優位になることが多いため、交感神経の活動を落ち着かせ副交感神経を相対的に優位にさせます。

そうすることにより自律神経失調症は改善していきます。

その改善方法ですが、行田市・ひまわり鍼灸整骨院においての「外的ストレス」は自分の外側から受けるものであり自分で調節することが困難です。

そのため自分の内側から受けるストレスの「内的ストレス」を改善することにより治療していきます。

内的ストレスは背骨や骨盤の歪みのため自律神経で調節している内臓の働きが悪くなります。そのために背骨や骨盤を中心とした歪みの矯正を行います。

背骨の周囲にある筋肉も血行不良になると自律神経失調症は増悪するために鍼灸を行い、血液循環を促します。

そうすることにより副交感神経が優位になり、本来のバランスが良い自律神経になるために自律神経失調症の症状が改善されていきます。

自律神経失調症にお困りの方はぜひ行田市・ひまわり鍼灸整骨院へお越しください。

ひまわり鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒361-0032
埼玉県行田市佐間1丁目19番38号
アクセス
行田市立南小学校前

受付時間