行田市で起立性調節障害の施術をお探しの方はひまわり鍼灸整骨院へ!交通事故治療無料!

受付時間

ひまわり鍼灸整骨院 048-554-2117

アクセス

根本改善

  • コロナ対策
  • google口コミ
  • エキテン

起立性調節障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝、身体が異常にだるくて起きられない
  • 特に午前中、頭痛・腹痛・動悸・息切れ・倦怠感などの不調が起こる。
  • 立ち上がるときや長い間たっていたとき、めまいや立ちくらみが起こる。
  • 遅刻や欠席を繰り返すようになってしまった。
  • 夜になると目が冴えて眠れず、ついスマホやゲームに手が伸びてしまう。

どうして起立性調節障害になるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

起立性調節障害は自律神経失調症の1種だとも言われ、自律神経のバランスが乱れると起立性調節障害になってしまう可能性があります。

そのメカニズムは自律神経で調節される血流、その血流が通常なら立ち上がった時にうまく調節してくれるのが、自律神経が乱れうまく調節できず、脳に十分な血液量が供給できなくなると立ちくらみなどの症状が現れるようになります。

 

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分類され、この2つのバランスが自律神経にとって大事で、起立性調節障害も交感神経が過剰に働く、または活動が低下しているときに現れるとも言われています。

ストレスの多い現代社会だと交感神経が優位になることが多いため、必然と自律神経のバランスが崩れてしまい起立性調節障害になります。

行田市・ひまわり鍼灸整骨院ではこのようなストレスを「外的ストレス」と「内的ストレス」に分類しています。

「外的ストレス」は自分の外側、自分以外の事からストレスを受けることです。

例えば、職場環境や家庭環境、人間関係、学校のテストや入試、騒音や天候などが当てはまります。

それに対し「内的ストレス」ですが。体の姿勢や物事の考え方など自分の内側からくるものを指します。

例えば、猫背やストレートネック、体質や性格やその人自身の考え方などが当てはまります。

内臓でも特に腸が重要で、腸は副交感神経の支配を多く受けています。

そのために姿勢が悪くなり、背骨や骨盤が歪むとその内側にある内臓の働きが悪くなるため副交感神経の活動も低下し自律神経のバランスを崩してしまいます。

このようなストレスを多く感じてしまうと交感神経が優位になり自律神経が乱れ起立性調節症状になってしまいます。

当院の自律神経失調症の改善法|行田市ひまわり鍼灸整骨院

行田市・ひまわり鍼灸整骨院では自律神経失調症を改善するために、まず問診・検査を行います。

問診では、現在出ている不調について、いつ頃発生したのかなどはもちろんのこと、日常生活習慣、例えばお仕事の内容や状態・睡眠時間・食習慣・病歴などあなたの不調の原因を見つけるために、様々な角度から自律神経の乱れにつながる要因を丁寧に確認させていただきます。

また自律神経失調症の治療は、乱れてしまった交感神経と副交感神経のバランスを整えることで改善していきます。

基本的に現代のストレス社会では交感神経が優位になることが多いため、交感神経の活動を落ち着かせ副交感神経を相対的に優位にさせます。

そうすることにより自律神経失調症は改善していきます。

その改善方法ですが、行田市・ひまわり鍼灸整骨院においての「外的ストレス」は自分の外側から受けるものであり自分で調節することが困難です。

そのため自分の内側から受けるストレスの「内的ストレス」を改善することにより治療していきます。

内的ストレスは背骨や骨盤の歪みのため自律神経で調節している内臓の働きが悪くなります。そのために背骨や骨盤を中心とした歪みの矯正を行います。

背骨の周囲にある筋肉も血行不良になると自律神経失調症は増悪するために鍼灸を行い、血液循環を促します。

そうすることにより副交感神経が優位になり、本来のバランスが良い自律神経になるために自律神経失調症の症状が改善されていきます。

自律神経失調症にお困りの方はぜひ行田市・ひまわり鍼灸整骨院へお越しください。

ひまわり鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒361-0032
埼玉県行田市佐間1丁目19番38号
アクセス
行田市立南小学校前

受付時間