行田市で慢性疲労症候群の施術をお探しの方はひまわり鍼灸整骨院へ!交通事故治療無料!

受付時間

ひまわり鍼灸整骨院 048-554-2117

アクセス

根本改善

  • コロナ対策
  • google口コミ
  • エキテン

慢性疲労症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ベッドから起き上がることさえしんどい。
  • この原因不明の疲労感がずっと続いている。
  • 疲れているのに眠りが浅い。寝ても回復しない
  • 倦怠感に加えて、微熱状態が半年以上続いている。
  • 特に運動をしていないのに、動けないほどの筋肉痛がある。

どうして慢性疲労症候群になるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

慢性疲労症候群の原因は、一般的には解明されておりません。

それは症状が多岐にわたるためと、血液検査等の結果では何も異常が見つからないためです。

では、なぜ慢性疲労症候群は起こるのか?

行田市・ひまわり鍼灸整骨院においては次のように考えています。

それは「ストレス」です。

ストレスを感じると自律神経の交感神経が活発に働きます。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つのバランスが良いときに身体がうまく働いてくれます。

ストレスを受けすぎるとこの自律神経が乱れるために、頭痛や身体の倦怠感(だるさ)や筋肉痛、不眠症や気分の落ち込みなどがあります。

自律神経は内臓を支配しているため、内臓の働きが悪くなると自律神経は乱れます。

背骨や骨盤の内側に内臓が存在するため、背骨や骨盤が歪み姿勢が悪くなると内臓が窮屈な状態になりうまく働くことができなくなります。

そして自律神経が乱れ、慢性疲労症候群につながるということです。

ストレスは免疫にも影響することから症状として微熱が続くこともあります。

慢性疲労症候群を放っておくとどうなるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

慢性疲労症候群はまだ特効薬も開発されていません。そのため、病院で慢性疲労症候群と診断された場合、抗うつ薬などの薬が処方されます。これらの薬は飲んでいる間だけ一時的に作用する『対症療法』です。

それでも改善せず症状が長引いた場合、薬に頼りっきりになってしまうといった依存性もあります。

また慢性疲労症候群を放っておくと微熱が続く・食事がおいしくなくなる・仕事が続けられなくなる・思考力・集中力が低下する・趣味や家事ができなくなる・眠れなくなるといった症状が続いてしまい、こうした症状によってよりストレスを抱えてしまうことにおり悪循環に陥り、さらに悪化してしまいます。

当院の自律神経失調症の改善法|行田市ひまわり鍼灸整骨院

行田市・ひまわり鍼灸整骨院では自律神経失調症を改善するために、まず問診・検査を行います。

問診では、現在出ている不調について、いつ頃発生したのかなどはもちろんのこと、日常生活習慣、例えばお仕事の内容や状態・睡眠時間・食習慣・病歴などあなたの不調の原因を見つけるために、様々な角度から自律神経の乱れにつながる要因を丁寧に確認させていただきます。

また自律神経失調症の治療は、乱れてしまった交感神経と副交感神経のバランスを整えることで改善していきます。

基本的に現代のストレス社会では交感神経が優位になることが多いため、交感神経の活動を落ち着かせ副交感神経を相対的に優位にさせます。

そうすることにより自律神経失調症は改善していきます。

その改善方法ですが、行田市・ひまわり鍼灸整骨院においての「外的ストレス」は自分の外側から受けるものであり自分で調節することが困難です。

そのため自分の内側から受けるストレスの「内的ストレス」を改善することにより治療していきます。

内的ストレスは背骨や骨盤の歪みのため自律神経で調節している内臓の働きが悪くなります。そのために背骨や骨盤を中心とした歪みの矯正を行います。

背骨の周囲にある筋肉も血行不良になると自律神経失調症は増悪するために鍼灸を行い、血液循環を促します。

そうすることにより副交感神経が優位になり、本来のバランスが良い自律神経になるために自律神経失調症の症状が改善されていきます。

自律神経失調症にお困りの方はぜひ行田市・ひまわり鍼灸整骨院へお越しください。

ひまわり鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒361-0032
埼玉県行田市佐間1丁目19番38号
アクセス
行田市立南小学校前

受付時間