行田市で腸脛靭帯炎(ランナー膝)の施術をお探しの方はひまわり鍼灸整骨院へ!交通事故治療無料!

受付時間

ひまわり鍼灸整骨院 048-554-2117

アクセス

根本改善

  • コロナ対策
  • google口コミ
  • エキテン

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 走ると膝の外側が痛い
  • 競技に早く復帰したい
  • 膝の外側を圧えると痛い
  • 階段を降りる時に膝の外側に痛み
  • 膝の外側が腫れている感じがする

どうして腸脛靭帯炎になるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

腸脛靭帯とは太ももの外側に位置している長大な靭帯です。

腸骨(骨盤に付属する骨)から脛骨(膝から下の骨)の間を結合させている靭帯で股関節と膝関節2つの関節をサポートしている為、歩行に重要な靭帯です。

1番の働きとしては、膝関節の曲げ伸ばしをします。

膝の屈伸運動を繰り返すことで、腸脛靭帯靭帯が膝の外側の上にある骨のでっぱり(大腿骨外側上顆)と何度も接触して炎症が起こります。

この事から、主に長距離ランナーに多く、ランナー膝とも呼ばれています。

他には自転車競技者、山登りなどの急斜面での長時間の歩行で起こりやすいとされています。

主な原因としては、靭帯の柔軟性が低下する事で衝撃の吸収力低下が挙げられますが、それだけではなく筋力のアンバランス、姿勢不良などが関係してきます。

特に体の歪みがある事で、体全体のバランスが崩れてしまっています。

姿勢が崩れた状態での生活をしていると、体の使い方が悪く、膝周辺だけではなく、色々な個所に負担が蓄積されてしまう悪循環に陥ってしまいます。

そんなコンディションの中で、過激な反復練習や環境の問題としては、硬すぎる地面や靴、選手の体力や技術に合わない動作などがこの症状を引き起こす大きな要因となります。

腸脛靭帯炎を放置してしまうとどうなるの?|行田市ひまわり鍼灸整骨院

放置してしまうと、痛みが強くなり歩くだけで辛く感じるようになってきます。

それだけではなく、辛い症状を抑える為に、無意識に体の使い方を悪くしてしまい、少しずつ姿勢のバランスが崩れてしまいます。

そうなると、悪循環に陥っているので、痛みがどんどん強くなってしまいます。

そうならない為に、早期改善をおすすめします。

ひまわり鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒361-0032
埼玉県行田市佐間1丁目19番38号
アクセス
行田市立南小学校前

受付時間